Scroll to Top
  81 3 5439 5077 Call Buehler Japan at 81 3 5439 5077    Search Buehler
DiaMet™ ソフトウェア内のナビゲーションは、クリーンなデザインで簡易化されており、シンプルかつ直感的なジェスチャーでサポートされています。スクリーン上のバーチャルタブが、ホーム、プログラム、試験および報告間をナビゲートします。ステータスバーに包括的フィードバックが示され、それにより明確で効率的なインタラクションを行うことが出来ます。タッチパネルで使用するように設計されており、まったく新しい外観や雰囲気を備えている、DiaMet はシンプルで、便利で、賢く作業ができます! タッチ、マウス、キーボードで操作が簡単。DiaMet Enterprise オプションは、操作をスピードアップするために試料をスキャン、ステッチおよびエッジ検出してあらかじめ設定された試験テンプレート(「試料」)をドロップできる正確な位置を見つけることができます。 
利点

ダイヤメット・ソフトウェアで硬度試験を簡単に

VH3300 with DiaMet Hardness Testing Software DiaMet™ ソフトウェア内のナビゲーションは、クリーンなデザインで簡易化されており、シンプルかつ直感的なジェスチャーでサポートされています。スクリーン上のバーチャルタブが、ホーム、プログラム、試験および報告間をナビゲートします。ステータスバーに包括的フィードバックが示され、それにより明確で効率的なインタラクションを行うことが出来ます。タッチパネルで使用するように設計されており、まったく新しい外観や雰囲気を備えている、DiaMet はシンプルで、便利で、賢く作業ができます! タッチ、マウス、キーボードで操作が簡単。DiaMet Enterprise オプションは、操作をスピードアップするために試料をスキャン、ステッチおよびエッジ検出してあらかじめ設定された試験テンプレート(「試料」)をドロップできる正確な位置を見つけることができます。 

エキスパート管理&評価ソフトウェア

DiaMetは、ISO 6506、ISO 6507、ISO 6508、ISO 4545、およびASTM E384、ASTM E92、ASTM E10、およびASTM E18に従って、ビッカース、ロックウェル、ブリネルおよびヌープ測定を評価するために最適化されています。標準の DiaMet 機能はビッカース、ヌープおよびブリネル圧痕向けの自動シンメトリ計算です。この特別な検証は、クリアなビジュアル表示と相まって、試験結果を必ず基準に適合させることに役立ちます。

フレキシブル UI

必要な機能を使用 – 完全に設定可能

測定

最新のアルゴリズムにより、自動測定、照明および焦点が保証されます

Overview (オーバービュー画面)

試料をナビゲートして、パターンを配置するために、オーバービューウィンドウをお使いください。

 
DiaMet Hardness Testing Software

試料

試料をスキャンし、テンプレートとして保存
- パターンの自動セット

STATUS Bar (ステータス バー)

合計試験時間および圧子カウンター
– 試験サイクルを計画

データ管理

簡単なアクセスで試験データを確認して管理

DiaMet - 自動化パッケージ

異なるレベルの自動化によって実現可能な自動化された微細圧痕システム。硬度試験装置のすべての制御は、総合的なソフトウェアを通じて扱うことができます。自動的に圧痕を試験して測定するだけでなく、自動試験シーケンスを設定して実行し、最小限のオペレータ操作でデータをエクスポートすることによってレポートを生成します。荷重モニタリング、データ取り込み時間および焦点調節などの試験のすべてのパラメータは、ユーザーにとって非常に使いやすいシステムを提供するソフトウェアを通じて制御されます。他のスケールへの硬度の変換に対応しています。 
DiaMet Automated Packages

溶接試験

DiaMet Hardness Testing Software - Weld Testing 溶接試験はかつてないほど容易になりました。直感的なプログラムセクションの溶接パターン作成機を使用して、お使いのパターンを各溶接部に数秒以内に並べます。

カラーマッピング

DiaMet Hardness Testing Software - Color Mapping マッピングにより、関心領域における硬度の分布が示されます。表面処理材料に特に役立ちます。

幾何分布

DiaMet Hardness Testing Software - Geometric Functions 基本的な測定は、硬度試験のすべてにわたってお客様をサポートします。当社のジオメトリツールを使用して、簡単な長さまたは角度の測定、円または面積の計算を行います。

最適化されたクリア & タッチ

DiaMet Computer Monitor ダイヤメット™ ソフトウェア内のナビゲーションは、クリーンなデザインで簡易化されており、シンプルかつ直感的なジェスチャーでサポートされています。スクリーン上のバーチャルタブが、トップページ・プログラム試験・報告間をナビゲートします。ステータスバーに包括的フィードバックが示されますので、明確で効率的なインタラクションを行うことが出来ます。タッチパネルの使用もデザインされており、ダイヤメットは見た目も使用感も完全に新しい、シンプルで、スマート、かつ作業に役立つシステムです!
簡単操作
タッチパネル・マウス・キーボード使用

多目的

Indent Row Image ダイヤメットは、ISO 6507, ISO 4545, ASTME384, ISO 6506 及び ASTME10 規格に従った Macro-Vickers, Micro-Vickers, Knoop 及び Brinell インデント評価に最適です。ダイヤメットは、Knoop と Vickers の自動対称性計算を標準機能としています。この目視による明確な追加検証が、結果の規格適合に役立ちます。
多目的
Vickers, Knoop & Brinell 用

報告

Image of Report Sample 測定値をグラフ又は結果をグリッドで検証し、適宜再測定や再インデントを行います。結果をPDF・プリンター・Excel 又はその地域のデータベース形式でエクスポートします。

共有
貴社の成果を世界へ!

Windows 10 に完全対応

ダイヤメットは Windows 10 での操作用に設計されており、Office スプレッドシートアプリケーションと連動させることができます。

貴社の硬度試験ラボに1台!ダイヤメット硬度試験ソフトウェアは以下の硬度試験機用に発注可能です:

硬さマッピング

Hardness Mapping Image 数千のインデントとユーザー定義カラースケールを用いて、横断面の硬さマップを作成し、これまで公開されたことがなかった貴社試料の硬度情報を明らかにします。

利点
  • 極限レベルの貴社工程品質詳細
  • 弱点の決定や規則的 CHD 列試験サイトの見極めに役立ちます。
  • 請求調査に対し、高いレベルで詳細を提供します。

試料検出 & テンプレート

ダイヤメットがテンプレートとして複数パターン組み合わせを保存するため、次回同じタイプのパーツを試験する必要がある場合も配置が可能です。

グラフィックパターンエディター

Graphics Pattern Editor Image ユーザーは、ダイヤメット™ パターンエディターで多数の変数からいくらでもパターンを作ることが出来ます。優れた精度でパターンを作成し、その結果をプレビューで検証します。1つのプログラムで様々なパターンや荷重を組み合わせ、完全に自動で稼働します。例えば、HV1 では 15 インデントの CHD 3列、HV10 は平均 5 インデントから内部の硬さを決定します。これが VH3000 シリーズが提供する柔軟度です。

作成します 貴社アプリケーション用パターンを

パターンビデオ・オーバーレイ

Pattern Video Overlay Image 実際にインデント工程が行われる前に、ダイヤメットはオペレーターにインデントの作成場所を示します。複数の試験列を試料中に配置する間、パターンビデオ・オーバーレイ機能が役立ちます。この機能はマクロの場合も自動で各倍率に拡大縮小します。

ご覧ください 貴社インデントの配置場所を

マクロ・ナビゲーションマップ

Navigation Map Image マクロ機能を使用して、試料の合成画像を作成することが出来ます。試料の形状やサイズは関係ありません。ダイヤメットソフトウェアは試料台の範囲であればどこでもスキャンすることが出来ます。ナビゲーションミニマップに取り込んで、試験場所から試験場所まで、素早く効率的にナビゲートします。

ナビゲートします 試料を

自動照明

オートフォーカス

自動測定

Auto Illumination Auto-focus Auto Measurement
反復可能、反復可能、反復可能。DiaMet 自動照明は、どんな試料でも、試料のどの部分でも正しい照度に調整します。材料には寄りません (鋼鉄, 道具鋼, カーバイド, 塗料).

反復可能
明るさ & コントラスト
とにかく驚きです。このソフトウェアが30mm 以上の距離からどのように焦点を見つけ出すかをご覧ください。短距離をフォーカスする、真のオートフォーカス速度を楽しんでください。ダイヤメット™ オートフォーカス・アルゴリズムが新たな基準を打ち立てます。

反復可能
鮮明さ
この洗練された測定アルゴリズムでは、十字線の手動配置はもはや必要ありません。コントロールし続けると、十字線の操作で測定が調整されます。手動測定モードは、タッチパネルやマウスを使用するように設計されています。要求に応じて Vickers や Knoop の自動インデント対称チェックが可能です。


反復可能
結果
仕様書
DiaMet Automation Software Specifications
Software Version Wilson® DiaMet™
Hardness Scales Rockwell, Vickers, Knoop & Brinell (depending on machine configuration)
Compatible Hardware Wilson VH3100, Wilson VH3300*, VH1202, VH1150 & UH250 (*introduction in 2015)
Focus Automatic Focus, with manual override option
Illumination Automatic Illumination, with manual override option
Measurement Manual or Automatic Indent Measurement
Stage Control Auto traversing for various patterns: CHD, line, circle, matrix and others
Multi-sample Multi-sample
Overview scan & stitch Only in combination with overview optics
Data export Printer, PDF, Excel
品番
Part Number Description Quick Quote
886169 4x Self leveling vise for round mounted samples up to 40mm (without inserts). Quick Quote
886175 4x Self leveling vise for Ø 50mm round mounted samples (with inserts). Quick Quote
886178 6x Self leveling vise for round mounted samples up to 40mm (without inserts). Quick Quote
ビデオ
従来の硬度計

Wilson® の従来の硬度計プログラム

硬度計をデジタルでアップグレード
DiaMet Legacy Testers
  • デジタルカメラと実績のあるDiaMet™硬度試験ソフトウェアを使用して硬度計を準備
  • テストデータとレポートをデジタル化し、インダストリー4.0に向けてお客様の会社を準備
  • 内部および外部監査のための試験プログラムとテストジョブのレビューと分類
  • 時間を節約し、ソフトウェアに試験を自動的に行わせる
それを行うために何が必要ですか?
buehler.comで当社の技術営業担当者に接触し、お客様の硬度計のアップグレードパッケージの入手可能性を確認します。概して言えば、C-マウントアタッチメントの付いた外側チューブ付きのすべての硬度計は、当社のデジタルカメラおよびDiaMet硬度試験ソフトウェアでアップグレードすることができます。
アップグレードパッケージには何が含まれていますか?
アップグレードパッケージには、USB3.0デジタルカメラ、カメラケーブル、およびワークステーションが含まれています。レガシー試験機により、ソフトウェアが制御する装置を含むより高度なアップグレードパッケージが可能です。*
アップグレードパッケージには、USB3.0デジタルカメラ、カメラケーブル、およびワークステーションが含まれています。レガシー試験機により、ソフトウェアが制御する装置を含むより高度なアップグレードパッケージが可能です。*
アップグレード可能なBuehler / Wilson硬度計:
Wilson Tukon VH1102/1202, Buehler MicroMet 6000 Series, Wilson 402 MVD/SVD, Wilson 432/452 MVD/SVD, Buehler MicroMet 5100 Series
*当社のソフトウェアサービスチームはアップグレードの可能性の確認をお手伝いします。